Nogeyama-hatsukanezumi_01

人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った免疫細胞を使い、マウスのがんを小さくする実験に成功したと、東京大などの研究チームが米科学誌「ステム・セル・リポーツ」に発表した。
東京大医科学研究所は、人のiPS細胞を変化させて、がんなどを攻撃する免疫細胞の一種「キラーT細胞」を作り、がんを発症したマウスに投与した。
その結果、マウスの体内に、もともとあるキラーT細胞を取り出して増やし、再び戻すという従来の手法と比べて、がんが縮小する効果が高く生存期間も延びたという。
研究チームは、いったん受精卵に近い状態まで若返ったiPS細胞から作ることで、がんを攻撃する免疫細胞の能力が高まったのではないかとみている。
ただ、iPS細胞から作製した細胞には、副作用の懸念もある。その一つは、投与した免疫細胞が暴走し、増殖に歯止めがかからなくなることだ。
そこで、研究チームは、異常な増殖を止める「ブレーキ」も組み込んだ。iPS細胞の段階で、特定の薬に反応する「自殺遺伝子」を入れ、免疫細胞が暴走した場合に細胞死に導く仕組みだ。

がんばってほしいですね。

お問い合わせ        043-224-8201