おじさま

がんと診断を受けた時、あなたはどうしますか。
がんの診断を受け止め、治療の選択を考えていく忙しい時期に、多くの患者さんは仕事の引き継ぎやさまざまな生活の段取りについての問題に直面します。また、治療がある程度一段落した後も、職場復帰や経済問題などについて悩む方は少なくありません。

そんな中、がん患者が治療を受けながら仕事を続けることを支援する機運が少しずつ高まっています。国立がん研究センターが、患者や家族向けの冊子「がんと仕事のQ&A」第2版をインターネットの「がん情報サービス」で公開しました。
全82ページを無料でダウンロードできます。

多くの患者がぶつかる問題や悩みを計81の問いと答えにまとめ「診断から復職まで」「復職後の働き方」「新しい職場への応募」「お金と健康保険」「家事や子育て」の5章に整理して掲載。患者の体験を中心としたコラムが計47。

お仕事以外にも様々ながん患者さんのお悩みを解決するヒントがある冊子が無料で閲覧、ダウンロードできます。

お問い合わせ        043-224-8201