魚

魚に含まれる脂を多く摂取すると、膵臓すいぞうがんの発症リスクが30%低下するとの調査結果を国立がん研究センターがまとめた。

調査は、1995年と98年に、食事の摂取頻度などのアンケート調査に回答した45歳~74歳の男女約8万2000人を対象とし、がんの発症の有無を2010年末まで追跡調査した。

追跡期間中、膵臓がんの発症は449例あり、追跡開始3年以内の発症例を除いて解析した。魚由来のn―3多価不飽和脂肪酸(エイコサペンタエン酸、ドコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸)の摂取量で四つのグループに分けて比較したところ、最も多いグループは、最も少ないグループよりも、膵臓がんの発症リスクが30%低かった。

膵臓がんは、喫煙や肥満、糖尿病、慢性膵炎との関連が指摘されています。
基本的な、暴飲暴食、不規則な生活習慣などを改善し、尚且つ健康的な食べ物を食べるように心がけましょう。

お問い合わせ        043-224-8201