e99a8ee6aeb51

東京消防庁が平成26年に交通事故以外で救急搬送した高齢者の事故は、転倒が81%で最多だった。11%は転落、以下「喉に物が詰まる」「ぶつかる」「おぼれる」が続く。原因が明らかな約5万8000人について同庁が分析した。

転んだ場所は自宅など居住場所が57%と、道路や交通施設の34%を上回った。転落は半数近くが階段で発生。同庁は段差の解消や手すり、滑り止め、足元の明かりの設置を勧める。おぼれた場所はほとんどが風呂。

転んだ場合は、軽症と、入院が必要だが命に別条はない中等症で計99%を占めたが、喉に物が詰まると30%近くが重症以上となり、うち5%が亡くなっていた。

健康の第一歩は無理のない運動だと思います。
しかし、若いころと比べどうしても体力や足腰は衰えてしまっているのも現実。
また、おひとりでされるよりもご家族・お友達と一緒にワイワイやるのもいいかもしれません。
健康寿命を伸ばし人生を謳歌しましょう。

お問い合わせ        043-224-8201