口

お昼寝を有効に活用するには、脳とカラダの睡眠を上手に使い分けることが大切です。
「脳」が休息している気持ちいい状態が「脳の眠り」。
首をまっすぐに伸ばしたいい姿勢で眠るのがポイント。
一方、脳は起きているけれど、「体」がリラックスしている状態が「カラダの眠り」。
この場合は、首をダランと下げながら、全身脱力しながら眠ること。
昼寝をするときは、脳が深く眠ってしまわないように、5〜20分以内にとどめておくことが大事です。
いっぱい寝ましょう!

お問い合わせ        043-224-8201