とんかつ

私たちの胃は、食べたものによって、胃液や胃の動きが変化します。
炭水化物などは消化しやすいので、胃液の出方は少なく、胃の動きは活発で、短時間で胃から腸へ送られていきます。
一方、タンパク質はなかなか消化しにくいために、胃液をタップリ出しながら、ゆっくりとした動きで食べたものを消化します。つまり、脂っぽいタンパク質や脂肪などは消化しにくいために、胃から腸へ送られるまでの時間がかかってしまうということです。
食べたものが長く胃に留まっていると、もたれの原因になるというわけなんですね。

お問い合わせ        043-224-8201