老眼

私たちの目から入った光は、「角膜」を通っていきながら、レンズである「水晶体」に入っていきます。
この水晶体は、近くをみたり遠くをみたりと「焦点」をかえる度に、厚さが変わります。
厚さを調節することで、ピントを変えているのです。
でも、このレンズが硬くなってしまうと、近くをみるときに厚さを変える動きがにぶくなってしまうのです。
するとピントを合わせようと思ってもいても、新聞を読むときぼやけてしまうのです。
目を酷使していると、目の血流は滞り、老化が早まってしまいます。
少しでも目をいたわって、若々しい目を保ちたいですね。

お問い合わせ        043-224-8201