台湾

日本医師会と台湾の医師会など医療2団体が30日、台北市内で、災害時の医師の相互派遣を円滑に行うための協定に署名した。日本医師会が海外の団体と同様の協定を締結するのは初めて。
協定では、双方の医師会が医療当局と協議し、災害時に必要な医療分野や、派遣期間、派遣先などを調整することとした。派遣された医師は、現地の医師の指導の下で、医療行為を助ける。

協定は、平成23(2011)年の東日本大震災の際、台湾側が派遣した医師が、日本で医療行為が行えなかったことを受け、日台の医師会が検討してきた。

救える命が増えるといいですね。

お問い合わせ        043-224-8201