6f3ace4f1571c8302d6fe9e36268a4d8_m

不登校の子どもに多くみられる「小児慢性疲労症候群」の患者の脳を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で調べたところ、一部分が過剰に活性化していることがわかったと、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター(神戸市)などのチームが発表した。

患者は、神経をより多く使うため疲労が強くなると考えられる。健常児と同じ課題をこなすには相当な努力が必要となり、学校生活で配慮が求められるという。

同症候群は、原因不明の疲労や睡眠障害などが3か月以上続き、学校生活などが正常に送れなくなる病気。不規則な睡眠などが誘因となり、子どもの1%前後が発症するとされる。

チームは、複雑な思考が必要なテストを患者15人(平均13・5歳)に受けてもらい、fMRIを用いて脳の活動を調べ、同じテストを受けた健常児13人(同12・2歳)と比べた。健常児は、深く物事を考える際などに働く前頭葉の左側だけが活性化するが、患者は左右両側とも活発になっていた。理研の水野敬・上級研究員は、「今回の方法は、治療効果の判定に応用できる」としている。

田島世貴・兵庫県立リハビリテーション中央病院医長の話「患者や家族が、病気と認めないケースも多い。画像で脳の状態を客観的に見せることで、治療に向き合うきっかけになる」としている。

まずは、本人・ご家族が、「認める・自覚する」ことからはじめるのがいいのではないでしょうか。
原因がわかってこそ、次の「目標・目的」が生まれますからね。

お問い合わせ        043-224-8201