脳

Googleで「Adult ADHD」を検索すると、1億1,400万のサイトがヒットしました。因みに、COVID-19の57億サイトに比べればぐっと少なくなりますが、糖尿病(diabetes mellitus)が3,850万サイトですので、その3倍ですから大人のADHDに対する関心の高さがうかがわれます。
さて、皆さんはこの病気の正式名称をご存じでしょうか。ADHDは Attention-deficit/hyperactivity disorderの略号で、日本語の正式病名は注意欠如・多動性障害です。その名の通りで、ADHDの患者さんは不注意で多動で衝動的な行動を採るのが特徴です。以前は子どもに特有の発達障害の一種と考えられてきましたが、今では大人の患者さんも存在することがわかっています。

新規にADHDと診断された189人の患者さん(平均年齢35.2歳)を対象にスウェーデンで行われた研究では、約半数に不安障害やうつ病の併存が認められたと報告されています*1。また、健康関連QOLが低下している成人ADHD患者さんは、うつ病の症状が重い、女性である、学歴が低い、収入が少ないことと明らかな関係があることがわかったことから、この研究グループは精神疾患を伴う成人ADHD患者さんには、不安障害やうつ病が併存しないケースとは異なる特別なケアやサポートが必要と結論づけています。

お問い合わせ        043-224-8201