紫外線

人の体は元来、環境に対する適応力をもっています。ところが、季節の変わり目や冷房などの影響により適応力を超えた寒暖差が生じたり、猛暑が続くと、体のバランスを整える自律神経の働きが乱れます。すると、体温調節機能が乱れ、胃もたれや食欲不振、だるさなど様々な不調を引き起こします。

そのほか、夏バテが起きるメカニズムには暑さが原因となる、次のケースが考えられます。

●発汗……暑さによって多量の汗をかくと水分やビタミン、ミネラル(塩分など)が不足し、疲労感やめまいなどを起こす。

●水分の過剰摂取……水分を摂り過ぎると胃液が薄まり、胃の機能が低下。すると、食欲不振により栄養不足が生じ、だるさを感じる。

●寝苦しさによる睡眠不足……暑さによりぐっすりと眠れずに翌日に疲れが残る。

お問い合わせ        043-224-8201