口角

歯磨きをしないで寝た場合、起床時には歯磨きをして寝た場合と比べてお口の中の細菌が約30倍にも増えています。
ですから、虫歯や歯周病などを防ぐために、まずは、就寝前の歯磨きは欠かさず行いましょう。
また、就寝中に口を開けていると、「乾燥」して細菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまいます。
口臭がなかなか改善できない人は、寝るとき用ののマスクをするなどの対策をすると、口内乾燥を防ぐことができます。

お問い合わせ        043-224-8201