サイトメガロウィルス

千葉県は17日、埼玉県越谷市にある専門学校の職員と学生ら22人が結核に集団感染し、うち4人が発症したと発表しました。県は専門学校に通う千葉県松戸市在住の20代男性から感染が広がったとみています。全員が治療を受けており、感染拡大の可能性は低いということです。

県によりますと、男性は今年2月、たんに血が混ざっていたため医療機関を受診し、結核と診断された。
7月になって同居の友人が発症、8月には越谷市の専門学校で19人の感染が確認され、そのうち1人が発症した。今月10日には男性と同居の親族1人が発症した。

怖いですね。
結核と診断されていたにもかかわらず、学校の生徒にも感染させたということは、20代男性は学校に対し自分は結核であると申告していなかったということになるのではないでしょうか。
ということは松戸から越谷までの通学時の電車などでも感染してしまっている人がいる可能性もあります。
今後学校は男性に対し、どういった処罰をしていくのか。
損害賠償になりかねないケースであると思います。

お問い合わせ        043-224-8201