fat-cat

アメリカで2018年6月以降、食品添加が原則禁止と発表された、トランス脂肪酸。
「日本では規制しなくても大丈夫なの?」
「子どもが食べたらどうしよう…」
と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。
いくら安全と言われても、海外で規制されているものを進んで摂取したいとは思わないですよね。
とはいえ、日本ではまだトランス脂肪酸に対する表示義務化は決定されていません。消費者からすると、自分で安全な食品を選ぶのも難しいところです。

オイル系は「オリーブオイル」に変える
オイル系のものの多くはトランス脂肪酸を含んでいますが、「オリーブオイル」や「ココナッツオイル」には含まれていません。

このふたつには「オレイン酸」という成分が含まれています。これは、善玉コレステロールを下げず、悪玉コレステロールだけを下げて内臓機能を改善してくれる働きを持ちます。

洋菓子ではなく和菓子を選ぶ
クッキーやクラッカー、ドーナツなどの洋菓子にはトランス脂肪酸が含まれていますが、お団子やおはぎ、大福、饅頭、素焼きせんべいなどにはトランス脂肪酸はほとんど含まれていません。お菓子が食べたいときは、洋菓子ではなく和菓子を選ぶようにしましょう。

マーガリン、ショートニング、植物油が含まれていないものを選ぶ
市販のお菓子を買う場合は、原材料にマーガリンやショートニング、植物油が含まれていないかどうかチェックしてください。また、自宅で菓子類を作るときは、マーガリンよりバターを選びましょう。バターにもトランス脂肪酸は含まれていますが、その量はマーガリンの3分の1以下です。
甘い味付けをしたい場合は、蜂蜜や天然のメープルシロップを使うのも手です。蜂蜜や天然のメープルシロップには、トランス脂肪酸が含まれていません。 

外食は避けて自宅で料理!
日本でもトランス脂肪酸に対する表示義務化が検討されていますが、現時点ではまだ決まっていません。トランス脂肪酸を避けられるのは自分の意思のみ。ファストフードやレトルト、冷凍食品やお惣菜にはトランス脂肪酸が含まれることもあるので、できるだけ控えて自宅で安全なものを摂取する必要がありそうですね。

お問い合わせ        043-224-8201