zika

国立感染症研究所は、中南米などで流行が拡大している感染症「ジカ熱」の原因となるジカウイルスの作製に成功した。今回はアフリカ・ウガンダで分離されたウイルスを基にしたが、ブラジルで流行しているウイルスの作製にも着手しており、ワクチン開発に弾みがつきそうだ。

感染研によると、ジカウイルスの作製は世界初とみられるという。ウイルスの詳しい性質が分かれば、流行拡大の原因を探ることもできるとしている。

ウイルスから取り出したリボ核酸(RNA)でできた遺伝子を、実験で扱いやすいように形を変えて大腸菌に注入。大腸菌で数を増やしたものを、さらに哺乳類の培養細胞に入れる手法でウイルスを作製した。

ワクチン開発が早くできるといいですね。

2014 © Copyright - MITSUHASHI HOSPITAL All Rights Reserved.

お問い合わせ        043-224-8201