飯給駅

日立製作所と住友商事、住商ファーマインターナショナルは、尿の老廃物を解析し、乳がんや大腸がんの患者と健康な人とを識別する技術の開発に成功したと発表したそうです。
この技術が確立すれば、尿の採取だけで乳がんや大腸がんを早期に発見できる。

日立などの研究グループは、乳がんや大腸がんの患者、健康な人の各15人の尿から1300以上の老廃物を検出した。そこから、がん患者と特定できる10種類の成分を突き止めた。さらに、その成分量の違いからがん患者と健常者を識別することに成功した。

がんの早期発見は血液検査など腫瘍マーカーを使った検査が主流となっていますが、医療機関を受診する必要があります。
しかし今後この技術が実用化されれば、自宅で採った尿を医療機関などに送るだけで診断でき、医療格差がある地方のがんの早期発見にも貢献できるのではないでしょうか。

こういった技術の開発には大変なコストがかかります。
しかし大きな企業が参画することで様々な新しい技術が生まれるのではないでしょうか。
日本は観光だけの国ではなく、医療立国として医療を受けに外国から日本に来るってなったら素敵ですよね。

お問い合わせ        043-224-8201