お雑煮

お正月モードから抜け出せず、お腹が空いていないのに気づけば何か食べている⋯⋯。そんな経験ありませんか? お正月は「動かずに食べる」という毎日になりがち。わかってはいても、つい「正月太り」をしてしまう人は多いようです。2015年のみんなの「お正月太り事情」について見てみましょう。

ダイエット食品「マイクロダイエット」を展開するサニーヘルス株式会社が行った「お正月太りについてのアンケート」によると、実に全体の71.3%の人が2015年のお正月に「太った」と回答したそう。では、実際にどれくらい体重が増えたのでしょうか?回答は以下のとおりです。

1位:2kg増えた(25.3%)

2位:1kg増えた(24.3%)

3位:3kg増えた(14.4%)

このように1~3kg程度の「微妙な体重増」が全体の約半数を占めています。ちなみに、短いお正月休みのあいだに「5kg以上太った」と回答した強者も全体の4%近くいたそうです。

年代別に見てみると、体重増加率が最も高かったのは50代でした。50代の女性は、普段は仕事や家事、家族の世話などに追われている人も多いことから、「お正月くらいはゆっくり休みたい」とのんびりしすぎてしまうのかもしれませんね。あるいは、加齢によって代謝が下がっているため、栄養過多が体重増に結びつきやすいという可能性も考えられます。

※「お正月太りについてのアンケート」(サニーヘルス調べ/インターネットリサーチ、全国の18~68歳の男女。414人が回答)

お問い合わせ        043-224-8201