調剤薬局

厚生労働省は来年度、患者が普段から使う「かかりつけ薬局」を認定する制度を導入する。

一定の基準を満たす薬局は「健康情報拠点薬局(仮称)」を名乗れるようにして、利用者が薬の相談をしやすい環境を作る。薬の重複使用や飲み残しを減らし、医療費の抑制にもつなげたい考え。

厚労省は専門家検討会で、認定基準の協議を始める。年内にまとめる予定の「薬局ビジョン」で認定制度を重点施策に据え、診療報酬の加算と合わせ、かかりつけ薬局を育成する。

認定基準は、
〈1〉大衆薬もそろえ、飲み合わせの相談に乗る
〈2〉患者宅を訪ね、薬を残さないような保管法を伝える
〈3〉必要に応じ医師や介護職を紹介する
などを検討している。

薬局に地域の健康作りを担うよう促す。生活圏に1か所以上の認定を想定する。都道府県へ申請し認められた薬局は、都道府県や自らのホームページで「健康情報拠点薬局」として名前の掲載を可能とする。税制上の優遇も検討されている。

がんや高血圧を抱える高齢者は10種以上の薬を処方されるケースがあり、重複服用や残薬の問題が起きている。

お問い合わせ        043-224-8201