Scroll Top
運動前後の食事のポイント
bltop1 (1)

「運動をするためには食事が大事」ということは、皆さん何となくご存じですよね。今回は、なぜ大事なのか、どんな栄養素が重要なのかを解説します。
ここまでで、運動のためには食事をしっかり取ることが大切だとお分かりいただけたかと思いますが、摂取するタイミングにもポイントがあります(図表4)。
アミノ酸が十分に供給されない空腹時に運動を実施すると、人は体を動かすために筋肉のたんぱく質を分解し、エネルギーを生み出します。そのため、空腹時の運動はたんぱく質合成よりも分解反応を進めやすいのです。運動前に空腹感がある場合には、消化に良い炭水化物や果物を取るなどして、エネルギーをしっかり確保しておきましょう。
運動時にはたんぱく質の合成は低下し分解が進みますが、運動終了後にはたんぱく質の合成が進むようになります。このタイミングは、筋肉を増やすために栄養素を補給する絶好のチャンスです。運動終了後、できれば30分~1時間以内にたんぱく質(アミノ酸)を摂取しましょう。運動後すぐに食事が取れない場合には、手軽にパッと食べられる食品である、牛乳、チーズ、豆乳、ヨーグルト、アミノ酸飲料などもおススメです。