認知症・9つのリスク因子
bltop1 (1)

それまでの認知症に関する世界中の膨大な研究結果を調査したレポートが発表されました。
それによると、認知症と関連する9つの因子が挙げられました。これらは認知症と決定的な因果関係が証明された訳ではありませんが、認知症になるリスクを減らすため、考慮する価値があると言えるでしょう。

・糖尿病
・社会的孤立
・運動不足
・うつ
・喫煙
・肥満
・高血圧
・難聴
・15歳以降に教育を受けていない

これらの因子がなければ、認知症になるリスクを35%減らすと言われています。
特に、タイミングが大切で、40代後半からの対策は、その後の認知症になる疾患の予防に効果的です。