日本の平均寿命は世界1位だけど、健康寿命は1位ではない!
bltop1 (1)

日本は世界でも有数の長寿国です。WHO(世界保健機関)が発表したデータによると、2016年時点での日本の男女の平均寿命は84.2歳で、世界第1位でした。
その一方で、元気に自立して日常生活を送ることができる期間を表す「健康寿命」は74.8歳であり、1位はシンガポールに譲って第2位に留まっています。
平均寿命と健康寿命との差が大きいということは、日常生活が制限されてしまう「不健康な期間」が長くなってしまっていることを意味します。
元気に歳を重ねるためには、健康寿命をどうやって伸ばしていくかが重要です。