電子タバコ

香りや味の成分を添加した溶液を電気式の吸引器で加熱して蒸気を吸う電子たばこに関し、厚生労働省の研究班は21日、国内で流通する9銘柄中4銘柄で、蒸気から高濃度の発がん性物質ホルムアルデヒドが検出されたとの調査結果を発表しました。
また一部の溶液からは、国内販売では認められていないニコチンが検出されたという。
報告を受けた厚労省の専門委員会は「健康への影響が否定できない」として、引き続き影響を調べる方針を確認。厚労省などは今後、規制の必要性や対策を検討する。

近年、喫煙者への風当たりはなかなか厳しいものです。
少しでもやめようと電子タバコに切り替えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実際ふたを開けてみると、発がん性物質やニコチンが含まれていては意味がないですね。

そういえば千葉にもこの手の電子タバコ屋さんができていましたが、1年も経たずに潰れていましたね。

お問い合わせ        043-224-8201