uniq

一般社団法人こどものホスピスプロジェクトと日本財団、および株式会社ユニクロが、難病の子ども向けホスピス「TSURUMI こどもホスピス」を、大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地内に建設することになりました。
この施設は民間団体と企業が主体となって設立し、医療・教育・保育の専門家を中心とした地域のボランティアによって運営される国内初のコミュニティ型子どものホスピス、ということで注目を集めています。今年3月中旬に着工し、同年12月の竣工、開業を予定しているとのことです。

子ども向けのホスピスとは?

子ども向けのホスピスは、1982年に英国オックスフォードに設立された「ヘレン&ダグラスハウス」をきっかけに世界的に広がりました。成人向けのホスピスが末期がん患者などの緩和ケアを主眼とした終末期医療のための施設であるのに対し、子ども向けのホスピスは難病児自身の成長を持続的に支援する機能と、家族の看護負担を軽減しリフレッシュしてもらう「レスパイト(小休止)ケア」の機能を併せ持った施設です。

「TSURUMI こどもホスピス」では、さらに施設の一部を広く市民に開放することで、重い病気を持つ子どもと一般の子どもが隔たりなくともに遊び、難病児の家族と地域住民が日常的に触れ合う地域交流の拠点としての役割を果たすなど、地域全体で難病の子どもとその家族を支える基盤となることを目指しているようです。
また、看護のため24時間常に緊張を強いられている両親へのケアや、寂しい思いをしているきょうだいへのサポートも行います。施設は企業や個人からの寄付金で運営され、無料で利用することができます。

日本には、脳性まひや小児がんなどの難病を患う15歳以下の子どもが約20万人いるとされています。 医療の進歩にともなって多くの命が救われている一方、完治の難しい病気を抱えたまま生活する子どもの数は年々増加傾向にあり、これらの子どもたちが入院治療を終え退院した後の自宅看護における家族の負担の増大が課題となっています。
こうした子どもたちとその家族を支援する目的で日本版ヘレン&ダグラスハウスの設立を目指してきた一般社団法人こどものホスピスプロジェクトが、2012年にユニクロが世界中から子どもたちに夢や希望を与えるアイデアを募った「Clothes for Smiles」プロジェクトに応募。国内外から集まった700以上のアイデアの中から実行される8つのプロジェクトのひとつに選ばれたことを受け、かねて一般社団法人こどものホスピスプロジェクトの活動を支援してきた日本財団と、ユニクロが共同で建設費と運営費を拠出することに合意しました。

企業の社会貢献活動=CSRは今や当たり前になってきています。
企業の事業活動の第一義は、お客様にご満足いただくため、より良い製品を提供し利益を追求することと同時に、さまざまなステークホルダーへの利益の還元です。事業を通じて社会への貢献を果たす一方、社会を構成する「良き企業市民」の一員として、人類すべてが豊かに暮らしていける社会を実現するための活動は、今後も増えていってほしいですね。

「TSURUMIこどもホスピス」ウェブサイト:
http://kodomohospice.jp/ (寄付の受付はこちらから)

Clothes for Smilesウェブサイト:
http://clothesforsmiles.uniqlo.com/ja/

お問い合わせ        043-224-8201