1024-cc-library010004491

鏡でご自身の顔を見てみましょう。
健康な方は、唇がほんのり赤くなっていると思います。
でも、まるで口紅を塗ったかのように赤すぎると感じる場合は、カラダの不調をあらわしているかもしれません。
例えば、顔色が真っ赤で唇も赤い…そのような場合は、熱が上半身に上がってきている「のぼせ」の状態に近いです。
そして、顔色は白いのに、唇だけ赤すぎる。このような場合は、虚弱で体が弱っているために、顔全体に血液を送れずに局所的に赤くなっている状況なんです。
ですから、唇の赤すぎる状態の時には、上半身にのぼってきている熱を下げていくために、下半身をしっかり温めることを意識するようにしましょう。

お問い合わせ        043-224-8201